【モグワンとこのこのごはんの違い】7つの項目で比較してみました!

モグワンとこのこのごはん

「モグワン」と「このこのごはん」はどっちがいいの?

1.料金&コスパで比較1袋の通常価格、配送料、100g当たりの価格、定期購入価格などの金額で比較してみました。
2.原材料で比較お肉や魚など動物性原料の割合、アレルゲンとなりやすい食材(小麦、大豆、ジャガイモ、卵、トウモロコシ、乳製品、鶏肉、牛肉、豚肉など)の使用などで比較してみました。
3.保証成分で比較タンパク質、脂質、灰分、水分、カロリー、オメガ脂肪酸などの含有量(割合)などで比較してみました
4.安全性の高さで比較食材の品質、穀物の使用、添加物(合成保存料・着色料・香料・副産物・遺伝子組み換え食品)の使用などで比較してみました。
5.食いつき等口コミで比較粒の形や大きさなどが食べやすくなっているか。口コミを基にして、食いつき具合などを比較してみました。
6.対象のライフステージと犬種対象としている年齢やライフステージ(幼犬、成犬、シニア犬)と犬種について比較してみました。
7.原産国と販売会社製造している原産国で比較してみました。

上記の7つの項目で、「モグワン」と「このこのごはん」を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「モグワン」と「このこのごはん」を料金&コスパで比較!

ペットフード選びにおいて、コストパフォーマンスは重要な要素です。特に、長期にわたって使用するものなので、経済的な負担とその価値を検討することが必要です。今回比較する「モグワン」と「このこのごはん」は、それぞれ異なる価格設定となっています。

モグワンこのこのごはん
通常価格(税込)[円]4,7083,850
容量[g]1,8001,000
100g当り価格[円]262385
定期購入価格(税込)[円]・3766(5袋以上)
・4001(2~4袋)
・4237(1袋)
・1袋×3278、送料無料(初回)
・2袋×3278(2回目以降)
通常配送料(税込)[円]704
※3袋以上(1万円以上)で送料無料
850
※定期1回目のみ送料無料

モグワン

モグワンは、1.8kgで4,708円(税込)の価格設定です。定期購入を利用すると最大20%の割引が適用されるため、長期的に見るとかなりの節約になります。また、モグワンはその価格に見合った高品質な内容で、栄養バランスの良さや食いつきの良さが評価されています。

このこのごはん

一方、このこのごはんは1kgで3,278円(税込)と、モグワンに比べてやや高価です。しかし、この価格は国産であることや、特定の健康面への配慮が反映されているため、価格以上の価値があると考えられます。また、このこのごはんは定期購入が基本で、初回購入から定期購入に移行することが前提となっています。

総評

コストパフォーマンスを考えると、モグワンは価格と品質のバランスが取れており、特に長期的な利用を考える場合におすすめです。一方で、このこのごはんは初期投資は高めですが、特定の健康面への配慮や国産の安心感を重視する場合に適しています。ペットの健康状態や飼い主の予算に応じて、適切な選択をすることが大切です。

2.「モグワン」と「このこのごはん」を原材料で比較!

ペットフードの選択において、原材料は非常に重要な要素です。原材料は、ペットの健康やアレルギーの有無、さらには食いつきに直結するため、ここでは「モグワン」と「このこのごはん」の原材料を比較してみましょう。

モグワンこのこのごはん
原材料チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌鶏肉(ささみ、胸肉、レバー)、鰹節、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、昆布、モリンガ、さつまいも、青パパイヤ、L-トレオニン、大麦。               

モグワン

モグワンの主な原材料は、チキンやサーモンなどの高品質な動物性タンパク質が主体です。これらは筋肉の維持や健康な皮膚・被毛の維持に寄与します。また、穀物を使用していないため、穀物アレルギーのあるペットにも安心して与えられます。さらに、オメガ3脂肪酸やプレバイオティクスを含むことで、消化吸収を助け、全体的な健康維持をサポートします。

このこのごはん

一方、このこのごはんは、国産の鶏肉を主原料としており、安全性の高い食材を使用している点が特徴です。また、穀物を使用せず、野菜や果物をバランス良く配合しているため、自然派志向の飼い主には特に好まれます。消化に良いとされる成分や、アレルギー対策としての特定の食材の排除も考慮されています。

総評

モグワンとこのこのごはんの両方とも、高品質な動物性タンパク質を主原料とし、穀物を使用していない点で共通しています。モグワンはオメガ3脂肪酸やプレバイオティクスを含むことで、健康維持に寄与しています。一方、このこのごはんは国産の安全性と自然派志向の配合が特徴です。ペットの健康状態や飼い主の好みに合わせて選ぶことが重要です。

3.「モグワン」と「このこのごはん」を保証成分で比較!

ペットフードを選ぶ際、保証成分の比較はペットの栄養バランスを理解する上で欠かせません。ここでは「モグワン」と「このこのごはん」の保証成分を比較してみます。

モグワンこのこのごはん
タンパク質 [%]27%以上23.9%
脂質 [%]10%以上8.3%
粗繊維 [%]4.75%以下1.1%
粗灰分 [%]9%以下
水分 [%]9%以下
NFE [%]
(炭水化物=可溶性無窒素物+粗繊維)
39.00%
オメガ3脂肪酸 [%]1.18%
オメガ6脂肪酸 [%]1.63%1.69%
リン [%]1.06%0.84%
カルシウム [%]1.40%1.36%
エネルギー(100g当)[kcal/100g]363 kcal/100g343 kcal/100g

モグワン

モグワンの保証成分は、高タンパクで低炭水化物を実現しています。具体的には、タンパク質含有量が約30%以上と高く、筋肉の健康維持に貢献します。また、脂質含有量は約15%以上で、エネルギー源としての役割と共に、皮膚や被毛の健康をサポートします。炭水化物量は抑えられており、肥満のリスクを低減する効果が期待できます。

このこのごはん

このこのごはんでは、タンパク質含有量が約20%以上とモグワンよりは低めですが、これは消化吸収を考慮したバランスの取れた設計によるものです。脂質含有量は約8%以上と、モグワンに比べてやや低めですが、これも消化の良さやカロリーコントロールを意識した結果です。また、繊維質にも注目しており、腸内環境の健康維持に役立てています。

総評

モグワンは高タンパクで低炭水化物の配合が特徴で、特に活動的な犬や筋肉維持が必要な犬に適しています。一方、このこのごはんは消化吸収や腸内環境の健康を重視した配合で、敏感な胃腸を持つ犬やカロリー管理が必要な犬に適しています。ペットの体質や健康状態に合わせて選ぶことが大切です。

4.「モグワン」と「このこのごはん」を安全性の高さで比較!

ペットフードを選ぶ際、安全性は最も重要な要素の一つです。ペットの健康を直接左右するため、ここでは「モグワン」と「このこのごはん」の安全性について比較します。

モグワンこのこのごはん
ヒューマングレードの原材料使用ヒューマングレードヒューマングレード
穀物類の使用◎グレインフリー○グルテンフリー
添加物等の使用状況香料・着色料不使用香料・着色料・保存料・防カビ剤・増粘剤・
発色剤・酸化防止剤(BHA・BHT)は不使用
ヒューマングレード
グレインフリー×
グルテンフリー

モグワン

モグワンは、原材料の選定から製造過程に至るまで、安全性に非常に高い基準を設けています。使用される原材料はすべて人間が食べられるレベルの品質を満たしており、不必要な添加物や保存料は使用していません。また、製造は厳しい品質管理のもとで行われ、一貫して安全性の高い製品を提供しています。これにより、アレルギーや食物不耐性のあるペットにも安心して与えることができます。

このこのごはん

このこのごはんもまた、安全性に優れたペットフードとして知られています。特に、原材料は全て国産にこだわり、安心安全な食材のみを使用しています。化学的な添加物や保存料の使用を避け、自然な製法による製品作りを心がけています。また、製造過程でも厳格な品質管理が行われ、安全性の高いフードを提供しています。

総評

モグワンとこのこのごはんは、どちらも安全性に非常に高い基準を持っています。モグワンは人間レベルの原材料品質と厳しい品質管理このこのごはんは国産原材料と自然製法に重点を置いています。ペットの健康を第一に考える飼い主にとって、どちらのフードも安心して選べる選択肢と言えるでしょう。

5.「モグワン」と「このこのごはん」を食いつき等口コミで比較!

ペットフードの選定において、実際の使用者の声は非常に参考になります。特に食いつきは、ペットがフードを気に入っているかどうかの重要な指標です。ここでは「モグワン」と「このこのごはん」の食いつきや口コミを比較してみましょう。

モグワンこのこのごはん
粒サイズ小粒、直径約8~10mm、厚さ約3mm小粒、直径7~8mm
中立〜悪い口コミ「うちのワンちゃんは最初はよく食べていたが、だんだん飽きてきたよう。」
「特定の味に敏感な我が家の愛犬には、少し合わなかったかもしれない。」
「食いつきはいいけど、少し高価なので続けるのが難しいかも。」
「他のフードに比べて、うちの犬は少し食べるのをためらうことがある。」
良い口コミ「我が家のワンちゃんはモグワンを見るとすぐに飛びつく。特に肉の味がするらしく、食欲旺盛になる。」
「以前は食べムラがあったが、モグワンに替えてからは毎回完食するようになった。」
「国産の鶏肉が主原料で、うちの愛犬は毎回喜んで食べている。」
「添加物が少ないためか、敏感な胃腸を持つうちのワン子でも安心して食べられる。」

モグワン

モグワンに関する口コミでは、多くのペットがその味に高い食いつきを見せていることが報告されています。特に、高品質な動物性タンパク質を豊富に含むレシピが、肉食本能を刺激し、多くの犬に好まれているようです。また、アレルギー体質のペットでも安心して食べられるという声も多く、消化に優しいとの評価もあります。

このこのごはん

このこのごはんについても、食いつきの良さに関する肯定的な口コミが多数見られます。国産の鶏肉を主原料とした自然な味わいが、ペットの食欲を刺激すると評されています。また、添加物を極力排除した自然派志向のレシピが、敏感な胃腸を持つペットにも適しているとの声があります。

総評

モグワンとこのこのごはんは、どちらもペットの食いつきに優れていると評価されています。モグワンは高タンパク質で肉食本能を刺激する味わいこのこのごはんは国産原材料による自然な味わいが特徴です。ペットの好みや体質に合わせて選ぶことが重要で、実際の使用者の口コミを参考にすると良いでしょう。

6.「モグワン」と「このこのごはん」を対象のライフステージと犬種で比較!

ペットフードを選ぶ際、ペットのライフステージや犬種に合わせた選択が重要です。ここでは「モグワン」と「このこのごはん」を、対象のライフステージと犬種の観点から比較してみましょう。

モグワンこのこのごはん
ライフステージ(対象年齢)全年齢全年齢
犬種全犬種全犬種

モグワン

モグワンは、全犬種・全ライフステージに対応しています。高タンパク質でエネルギーが豊富なため、成長期の子犬から活動的な成犬、さらには高齢犬に至るまで幅広くカバーしています。ただし、特にエネルギー要求量が高い大型犬や活動的な犬種に特に適していると言えるでしょう。

このこのごはん

このこのごはんは、特に小型犬や中型犬、敏感な胃腸を持つ犬やアレルギー体質の犬に適しているようです。消化に優れ、栄養バランスが調整されているため、特定の健康状態を持つ犬や、穏やかな活動量の犬に最適のようです。また、小粒のフードは小型犬が食べやすい形状になっています。

総評

モグワンは全犬種・全ライフステージに対応しており、特に活動量が多い犬種や大型犬に適しています。一方、このこのごはんは小型犬や中型犬、敏感な胃腸を持つ犬に効果があるとされており、穏やかな活動量の犬に適しています。ペットのサイズや健康状態、活動量に合わせて選ぶことが大切です。

7.「モグワン」と「このこのごはん」の原産国と販売会社で比較!

ペットフードを選ぶ際には、その原産国や販売会社の背景も重要な判断基準の一つです。ここでは「モグワン」と「このこのごはん」の原産国と販売会社について比較してみましょう。

モグワンこのこのごはん
原産国イギリス日本
販売会社名株式会社レティシアン株式会社オモヤ
URLhttps://laetitien.co.jp/https://konokototomoni.com/
販売会社住所東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン20F福岡県福岡市南区大橋2-1-1 大橋花村ビル5階

モグワン

モグワンの原産国はイギリスです。イギリスはペットフードの品質基準が非常に高く、安全性に対する厳しい規制があります。これにより、モグワンは高品質で安全なペットフードを提供していると評価されています。販売会社は、ペットの健康と栄養バランスを重視した製品開発を行っており、国際的な品質基準に沿った製造プロセスを採用しています。

このこのごはん

このこのごはんは、日本が原産国です。国産の原材料にこだわり、国内の工場で製造されています。これにより、食材の鮮度や安全性が保たれ、国内の法規制に準拠した高い品質が確保されています。販売会社は、日本国内のペットの健康を考えた製品作りを行っており、特に国産にこだわる飼い主からの信頼が厚いです。

総評

モグワンはイギリス産で、厳しい品質基準と安全性が特徴です。一方、このこのごはんは日本国産にこだわり、国内の法規制に準拠した安全性と品質を重視しています。ペットフードを選ぶ際は、原産国の環境や販売会社の方針も重要な判断基準となります。

9.おすすめしたい飼い主さんとワンちゃん

ペットフード選びは、ペットの健康はもちろん、飼い主さんのライフスタイルや価値観にも合わせることが大切です。ここでは「モグワン」と「このこのごはん」を、どのような飼い主さんとワンちゃんにおすすめできるかを考えてみましょう。

「モグワン」をおすすめの方はこんな人!

  • 活動的なワンちゃん:高タンパク質でエネルギーが豊富なため、運動量が多い活動的な犬に適しています。
  • 大型犬の飼い主さん:大型犬はエネルギー消費が多いため、モグワンのような栄養価の高いフードが適しています。
  • 健康と成長を重視する飼い主さん:全ライフステージに対応しており、成長期の子犬から高齢犬まで幅広くサポートします。
  • アレルギー対策を考えている飼い主さん:アレルギー体質のペットにも配慮したレシピで、敏感なペットにも安心です。

→モグワンの詳しい情報は公式サイトで確認できます

「このこのごはん」をおすすめの方はこんな人!

  • 小型犬や中型犬の飼い主さん:小粒で食べやすく、小型犬や中型犬に最適なフードサイズです。
  • 敏感な胃腸を持つワンちゃん:消化に優れ、敏感な胃腸を持つ犬にも配慮したレシピです。
  • 国産品を好む飼い主さん:全て国産の原材料を使用しており、国内産にこだわる飼い主さんにぴったりです。
  • 自然派志向の飼い主さん:添加物を極力排除し、自然な製法にこだわっているため、自然派志向の飼い主さんにおすすめです。

→このこのごはんの詳しい情報は公式サイトで確認できます

モグワンは活動的な大型犬や健康と成長を重視する飼い主さんに、このこのごはんは小型犬や中型犬、敏感な胃腸を持つワンちゃん、国産品や自然派志向の飼い主さんに特におすすめです。ペットの特性や飼い主さんの価値観に合わせて選ぶことが大切です。

まとめ

ペットフード選びは、ワンちゃんの健康と幸せを左右する重要な決断です。この記事では、「モグワン」と「このこのごはん」の二つのフードを様々な観点から比較しました。ここでの総括を通じて、最適なフード選びの参考にしていただければ幸いです。

  1. 料金&コスパで比較
    • モグワンは価格帯がやや高めですが、高品質な原材料と栄養バランスを考慮するとコスパは良好です。
    • このこのごはんは、手頃な価格設定でありながら、品質と安全性を重視しています。
  2. 原材料で比較
    • モグワンは高品質な動物性タンパク質を主成分としており、栄養価が高いです。
    • このこのごはんは、国産の鶏肉を主原料とし、自然派志向の飼い主さんに適しています。
  3. 保証成分で比較
    • モグワンはタンパク質や脂質が豊富で、活動的な犬や成長期の子犬に適しています。
    • このこのごはんは、バランスの取れた栄養組成で、特に敏感な胃腸を持つ犬に優しいです。
  4. 安全性の高さで比較
    • モグワンはイギリス産で、厳しい品質基準と安全性が特徴です。
    • このこのごはんは国産にこだわり、安全性と品質を重視しています。
  5. 食いつき等口コミで比較
    • モグワンもこのこのごはんも、食いつきに関しては高い評価を受けていますが、ペットの個体差による好みの違いはあります。
  6. 対象のライフステージと犬種で比較
    • モグワンは全犬種・全ライフステージに対応しており、特に活動量が多い犬種や大型犬に適しています。
    • このこのごはんは小型犬や中型犬、敏感な胃腸を持つ犬に特化しています。
  7. 原産国と販売会社で比較
    • モグワンはイギリス産で、国際基準に則った品質の高さが特徴です。
    • このこのごはんは日本国産にこだわり、国内の法規制に準拠した安全性と品質を重視しています。
  8. おすすめしたい飼い主さんとワンちゃん
    • モグワンは活動的な大型犬や健康と成長を重視する飼い主さんに、このこのごはんは小型犬や中型犬、敏感な胃腸を持つワンちゃん、国産品や自然派志向の飼い主さんに特におすすめです。

最終的には、ワンちゃんの健康状態、好み、ライフステージ、そして飼い主さんの価値観や予算に合わせて、最適なフードを選ぶことが大切です。この比較が、愛するペットのための最良の選択に役立つことを願っています。

(解説)比較表の読み方

◎ドッグフード原材料を読むときのポイントは?

以下は、ドッグフードの主な原材料に関する情報を、メリットとデメリットを含めて簡潔に表にまとめたものです。

原材料の種類影響とメリットデメリット適している犬原材料の見方
肉類高タンパク、筋肉構築、エネルギー源、食いつき向上特になし成長期の子犬、活発な成犬、筋肉量を維持したい高齢犬原材料リストの最初に位置することが多い
穀物炭水化物源、エネルギー提供一部の犬にアレルギー反応を引き起こす可能性穀物アレルギーがない活発な犬穀物フリーの選択肢もある
野菜・果物ビタミン、ミネラル、食物繊維、消化促進特になしすべての犬、特に消化器系の健康を維持したい犬肉類や穀物の後に記載
添加物保存性向上過剰摂取は健康リスクを引き起こす可能性特になし原材料リストの最後に記載

※この表は、ドッグフード選びの際に重要な原材料の種類とその影響、メリットとデメリット、適している犬のタイプ、原材料の見方を簡潔にまとめたものです。特に穀物に関しては、アレルギー反応を示す犬もいるため、注意が必要です。


◎ドッグフードの原材料:肉類と魚類、生肉と乾燥肉の違いは?

特徴主な栄養素健康への影響適している犬注意点
肉類高タンパク、鉄分、ビタミンB群筋肉構築、エネルギー源成長期の子犬、活発な成犬、高齢犬アレルギーの可能性
魚類オメガ3脂肪酸、高タンパク、ビタミンD皮膚・被毛の健康、抗炎症作用皮膚トラブルのある犬、高齢犬魚特有の臭いが苦手な犬も
生肉高タンパク、新鮮な脂肪、ビタミン栄養価が高く、自然な味わい食いつきを重視する犬取り扱いに注意(細菌のリスク)
乾燥肉タンパク質、保存に便利な脂肪長期保存可能、持ち運びに便利保存や持ち運びを重視する犬加工過程で栄養素が減少する可能性

※この表は、一般的なドッグフードの原材料である肉類と魚類、生肉と乾燥肉の特徴と、それぞれの健康への影響、適している犬のタイプ、注意点を簡潔にまとめたものです。


◎保証成分を読むときのポイントは?

成分影響適している犬種の例
タンパク質筋肉の構築・修復、免疫機能の強化運動量の多いボーダーコリー、成長期のラブラドールレトリバーの子犬
脂質エネルギー源、皮膚・被毛の健康寒冷地のシベリアンハスキー、体重が減少傾向の高齢ゴールデンレトリバー
粗繊維消化の助け、便秘予防便秘がちなダックスフント、肥満傾向のビーグル
粗灰分ミネラル総量、骨・歯の健康成長中の大型犬の子犬、関節痛の高齢ドーベルマン
水分脱水防止、体温調節・代謝水を少なく飲む高齢チワワ、歯が弱い老犬
NFE(炭水化物)エネルギー源、脳・体機能維持日々の運動量が多いジャーマンシェパード、成長中の子犬
オメガ3脂肪酸抗炎症作用、関節・皮膚の健康皮膚アレルギーのウェストハイランドホワイトテリア、関節痛のラブラドールレトリバー
オメガ6脂肪酸皮膚・被毛の健康、生殖機能被毛の乾燥が気になるアフガンハウンド、皮膚炎のコッカースパニエル
リン骨・歯の形成、エネルギー代謝成長中のグレートデーンの子犬、骨密度低下の高齢セントバーナード
カルシウム骨・歯の健康、筋肉・神経機能骨格成長のロットワイラーの子犬、妊娠中のボクサー
エネルギー(100g当たり)活動量・生活スタイルに応じたエネルギー摂取毎日の運動量が多いアメリカンピットブルテリア、成長期の子犬全般

※これらの例はあくまで一般的なガイドラインであり、個々の犬の健康状態、活動レベル、年齢、体重などによって最適なフードは異なります。そのため、フード選びは獣医師のアドバイスを受けながら、個々の犬に合わせて行うことが最も重要です。


◎粒の形状と大きさは?

粒の特徴適している犬種・タイプ影響とメリット選び方のポイント
大きい粒大型犬(例:ラブラドール、ゴールデンレトリバー)・大きな粒は噛むことを促し、歯のクリーニング効果が期待できる。
・顎の筋肉を使うことで、顎の強化にも。
・大きい粒は食べるのに時間がかかるため、早食いを防ぐ効果も。
・犬の大きさや噛む力を考慮。
・活発な犬や、噛むことが好きな犬に適している。
小さい粒小型犬(例:チワワ、ヨークシャーテリア)、子犬、高齢犬・小さい粒は噛む力が弱い犬でも食べやすく、食いつきが良い。
・消化が良く、小型犬や高齢犬の消化器系に優しい。
・食欲不振の犬にも食べやすい。
・犬のサイズや年齢、健康状態を考慮。
・小型犬や、噛む力が弱まっている高齢犬に適している。
特殊な形状特定の健康問題を持つ犬(例:歯石が多い犬、消化不良の犬)・特殊な形状は、歯石除去や消化を助ける効果がある。
・特定の健康問題に対応した設計で、犬の健康維持に役立つ。
・犬の健康状態や特定のニーズに合わせて選ぶ。
・獣医師のアドバイスに従って選ぶことも重要。

各章の比較表を読む前に解説を加えます。大切な愛犬の健康にどのような影響を与えるのか参考にしながら、各章をお読みください。


あわせて読みたい関連記事やストーリー